2012年08月21日

06.夏の少女にもう一度

二度と戻らない、二人だけの夏ーー

またもや更新が遅くなって申し訳ありません。今日は6曲目、夏の少女にもう一度についてですね。

曲のタイトルは、とある小説の章題からつけたもので、曲や歌詞はタイトルをつけたあとで考えました。真昼の月と同じパターンですね。今まで使ったことのないシャッフル系の、明るく元気のいい曲にしようと思ったのですが、歌詞が若干切なくなってしまいました…。私には元気な歌詞は書けなかったようです。
ただ、明るい曲調とちょっと切ない歌詞って、意外と相性がいい気がしました。悲しくなりすぎないで、でもちょっと寂しさが残る、そんな曲に仕上がっていればいいなと思います。
posted by Guliver32 at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。